検討中リスト

【親子トレーニング】常に相手を意識する。鬼ごっこトレーニング。

トレーニング3メイン

運動神経を養うのに鬼ごっこは適していると言われています。素早く走ったり、ステップを踏み様々な方向へ逃げたり、どのように逃げれば捕まらないか状況判断したりと様々な要素が含まれています。 今回は常に相手を意識しながら逃げる鬼ごっこです。鬼ごっこは誰でも1度はやった事のある遊びですね。親子で楽しみながらトレーニングしましょう。

    1. レッスン

      1. 1

        ご自宅にあるペットボトルなど利用します。ペットボトルを3~5歩の間隔におきます。(年齢・レベル応じて間隔を変える)ペットボトルの間は通れません。またペットボトルの間から手を伸ばしタッチする事もできません。

      2. 2

        スタートの鬼はお父さん・お母さんから始めましょう。追いかけるスピード、切り返しのタイミングなどコントロールしてあげてください。
        鬼がタッチしたらすぐに鬼をチェンジし続けて下さい。追いかける⇒逃げる(攻守の切り替え)を意識してやってみましょう。

      3. 3

        長時間の鬼ごっこは集中力が切れてダラケテしまう事もあります。1分くらいを目安に全力でやりましょう。

    コーチからのコメント

    ①鬼(相手)を意識(観る)して逃げる
    このトレーニングをサッカーで例えると、鬼=攻める側(OF)、逃げる=守る側(DF)というイメージを持って下さい。鬼は積極的に仕掛けて(アクション)タッチをしにいきましょう。逃げる側は鬼の動きをしっかり観て逃げましょう。(リアクション)鬼がどちらからくるのか、逃げ回っている時など、常に鬼を意識しましょう。鬼の切り返しの動きに対して素早くステップを踏み反応もしましょう。また鬼の切り返し気づけるように体の向きも気をつけましょう。

    ②鬼のチェンジを素早くしよう
    鬼がタッチをしたらすぐに役割をチェンジし、鬼ごっこを続行しましょう。サッカーは常に攻める⇒守る⇒攻める(攻守の切り替え)を連続して行うスポーツです。鬼がタッチする事によって逃げる、追いかける、の役割が変わります。そこでいかに素早く攻守の切り替えをする事ができるかを意識していきましょう。

    ③お父さん・お母さんは上手くお子様が動けるようにコントロールいきましょう。
    鬼ごっこは様々な状況に応じて体の向きやステップを踏みます。その状況を生み出す為に鬼の時は緩急をつけ、左右にたくさん動いてあげて下さい。特に速いスピードで追いかけると子どもは逃げる事に一生懸命になってしまい、鬼を意識(観る)する事ができなくなってしまいます。その時に切り返し動きを入れて子どもに意識(観る)する事の大切さを「サッカーの時に相手をしっかり見ないとボールを取られちゃうよ」と伝えてあげて下さい。何よりも楽しく鬼ごっこができるようにしていきましょう。

    ④ドリブルでもチャレンジ!!
    レベルに応じて、ドリブルで鬼ごっこを行ってみましょう。ボールを扱いながらの逃げる、追いかける為、難易度はあがります。正確なボールタッチはもちろん、ボールと鬼を意識(観る)しながら何度も顔を上げるようにしましょう。またボールコントロールミスでボールが遠くにいってしまう事もあると思います。グリットを設定し、その中で鬼ごっこを行うようにするとよりボールコントロールにも意識がいくので更に難易度はあがります。お子様に適したトレーニングを実施していきましょう。

    宇田川 佑一
    PROFILE
    子どもたちへ細かい部分まで丁寧に指導してくれています。日本サッカー協会公認C級ライセンスを取得しており、日々子どもたちの成長の為に探求し続けており、常に子どもたちと真っすぐ向かい合っています。
    宇田川コーチ

    お祝い金の贈呈